SDGs(エスディージーズ)への参加と災害支援ベンダ-自動販売機設置のお知らせ

弊社運営物件RIO・LACOOCOに、SDGs(エス・ディー・ジーズ) への寄付型自動販売機を設置致しました。

※このSDGs(エス・ディー・ジーズ) は、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称です。2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた国際社会の共通目標で「17の目標」と「169のターゲット(具体目標)」で構成されています。今までも電気自動車や太陽光発電などを通じてエネルギー問題に貢献してまいりました弊社としましては、この自動販売機の売り上げの一部がオイスカに寄付され「地球上に生きる人間や生命がバランスを保ちながら共存する地蔵可能な世界」を目指す活動を応援する事に致しました。



なお今回、自動販売機を設置するに至った経緯ですが、昨今のコロナ禍に伴いステイホームされている方やテレワークを実践している方に、少しでも応援する意味で、自動販売機を敷地内駐車場脇に設置する事に決定致しました。更にジャパンビバレッジ様ご協力の元、災害や緊急事態などの停電時でも商品の供給が可能な 「災害支援ベンダ-」型を設置しております。

これからも社会に貢献しつつ、地域の皆様や入居者様に良いサービスや安全な生活を提供できるよう努めてまりりますので、より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。